コーディネーションスクール

コーディネーションスクールとは

一つの運動にこだわらず色々なスポーツ競技を組み合わせ全身運動・体力づくりを行う。脳を活性化させるので、集中力・粘り強さ・発想力等も身に付く。ゲーム感覚や遊び感覚でできる楽しい運動で誰でも楽しく簡単に行うことができる。幼少期に取り組むことであらゆるスポーツの土台作りになっている。

幼少期から12歳までにいろんな運動に挑戦すると、悩神経の連動性が向上します。
※幼少期から運動(遊び)を養えるか否かで、体を動かすセンスに差がでてきます。

コーディネーショントレーニングの方針

コーディネーション活動のみならず、挨拶・礼儀・遊び心を大切にし、子供達がいきいきと活動できるスポーツクラブを目指します。また、人間形成に重要であるスポーツを通して、子供達の自立心・協調性・創造性の育成を目的とします。指導者とのコミュニケーションを密にとり、無理のないカリキュラムを作成し、子供達の心情面も重視しながら元気に体力作りを実践していきます。

また、運動不足による子供達の体力の低下が問題となっています。そこで成長期にある子供達が身体を動かすことの楽しさや喜びを知ることで、逞しく成長出来るようサポートしていきます。

コーディネーションのこだわり

1.コーディネーションがもたらす効果

一般に、スポーツ選手について「あの選手は身のこなしがよく、運動神経が優れている」とか、「状況判断がいい」「ボールさばきがうまい」といった表現をします。子どもたちの動きに目をやると、バランスをとるのがうまい子や、リズムに合わせてからだを動かすことが得意な子がいます。このような人たちの動きに隠されているのが「コーディネーション能力」であり、この能力を高めようとするのが、「コーディネーション トレーニング」です。コーディネーション能力とは、状況を目や耳など五感で察知し、それを頭で判断し、具体的に筋肉を動かすといった一連の過程をスムースに行う能力をいいます。専門的な技術を覚えるにあたっての、前提条件ともいうべき動きづくりと深く関わりあっています。第一線で活躍する競技者には、もともとこのコーディネーション能力の高い人の大半は、子どものころに人一倍さまざまな遊びを体験していることが指摘されています。

2.体験して学ぶ

1つの運動に限らず様々な運動体験はもちろん、子ども達のチャレンジ精神向上のためスポーツ大会や発表会に参加します。また定期的に自然の中で身体を動かす野外活動にも積極的に参加します。

3.コーディネーションスクール

障がい児スポーツ支援の中にもコーディネーショントレーニングを組み込んでいます。年間プログラムを無理のないよう、ひとりひとりサポートしていきます。また保護者様とのカウンセリングも入念に行っていきます。

場所

曜日 時間 対象 場所
月曜 18:00-18:45 年中ー小学生低学年 東町コミュニティセンター
19:00-19:45 小学生低学年
火曜 16:00-16:45 年長ー小学生低学年(体幹トレーニングメイン)

須屋市民センター2F

17:00-17:45
18:00-18:45
木曜 15:00-15:45 年少ー年長

本荘コミュ二ティーセンター

(本荘小学校隣)

16:00-16:45 年長ー1年
17:00-17:45

小学生低学年

スクール費用

入会費 1,500円
年会費 6000円 ※後期 11 月以降:残りの月×1000 円
月謝 月4回 3,200円
月8回 5,200円
月12回 6,700円

お問い合わせ・体験希望

お問い合わせはこちらから