テクニックサッカースクール

サッカースクールの方針

サッカー活動のみならず、挨拶・礼儀・遊び心を大切にし、子供達がいきいきと活動できるスポーツクラブを目指します。また、人間形成に重要であるスポーツを通して、子供達の自立心・協調性・創造性の育成を目的とします。指導者とのコミュニケーションを密にとり、無理のないカリキュラムを作成し、子供達の心情面も重視しながら元気に体力作りを実践していきます。

1.楽しくをモットーに!!

9歳から12歳というと日本では小学3.4年生から6年生、高学年にあたる年代。その年代がまさに“ゴールデンエイジ”に当たるわけですが、その前後の期間もそれぞれ“プレ・ゴールデンエイジ”“ポスト・ゴールデンエイジ”と呼ばれ、非常に重要な期間として位置づけられています。

9歳までの“プレ・ゴールデンエイジ”では、いろいろな動作を経験し、神経回路を多方面から刺激する期間。同時に自分なりにサッカーの楽しさを見つけていく期間でもあります。この年代はひとつのことに集中するというより、色々なところに興味が移ってしまう、飽きっぽい側面もあるので、練習の中身にはかなり工夫をしています。まずサッカーを好きになってもらう。そのためにはサッカー以外の「ごっこ遊び」を取り入れたり、別の競技を取り入れてます。“ゴールデンエイジ”で優れた技術を習得するための下地作りがこの9歳までの期間になります。

2.ドリブルサッカーのこだわり

テクニックや個人技を身に付ける事は年齢制限がある事だと思います。
1番テクニックが身に付くと言われているのが9~12歳の時期!!いわゆるゴールデンエイジなんです。

筋肉や神経系の発達が活発で柔軟な時が1番テクニックが身に付く時期です。
2度とは来ないこの時期にテクニックやボールコントロールを磨き次のカテゴリーへの準備する事が選手たちのフットボール人生を輝かせるに違いないと思います。

※ゴールデンエイジ:9-12歳で心身の発達が調和し、動作習得に最も有利な時期とされています。集中力が高まり運動学習能力が向上し、大人でも難しい難易度の高い動作も即座に覚えることができます。「ゴールデンエイジ」と呼ばれ、世界中どこでも非常に重要視され、サッカーに必要なあらゆるスキル(状況に応じて技術を発揮すること)の獲得に最適な時期として位置づけられています。

3.サッカーをさせるならパスサッカーよりドリブルサッカーを!!

「止める、蹴る、運ぶ」多くの指導者が大事にする育成年代の三大要素です。この基本的な技術をジュニア年代の指導者が特に熱心に指導するのは、ここで身につけた技術が大げさに言えば一生ついて回るからに他なりません。身体的な成長、充実はもう少し後になってやってきますが、ボールへの接し方はここでほぼ決まってしまいます。成長しきっていない身体も、筋力や身体の強さに依存しない“柔らかさ”を得るのにはむしろ好都合。現代のサッカーはポジションに関わらず、高い技術が求められます。身長や体格にこだわらず、大きくなるための準備として様々なポジションを経験して技術を磨く年代です。

観客もプレイしている子どもも楽しめる魅せるサッカー

ドリブルテクニック(創造的)を主体に個々の育成を!!!

時間・費用

曜日 時間帯 対象学年 場所
月曜 17:30-19:30 1.2年

運動公園スポーツ広場・運動公園体育館

3-6年
火曜 17:00-19:00 1.2年 運動公園多目的Aグラウンド
3-6年
水曜 17:00-18:30 幼児 東部交流センターグラウンド

17:00-19:00

1.2年
3-6年
木曜 16:00-17:30 幼児

西合志中央グラウンド(弁天)
or
須屋市民センター

17:00-19:00 1.2.3年
17:00-19:00 1.2年

運動公園体育館・パークドーム

3-6年
金曜 17:00-18:30 幼児 東部交流センターグラウンド
17:00-19:00 1.2年
3-6年

土曜

日曜

9:00-10:30 幼児.1年 いこいの広場
10:30-12:00 2-6年
14:00-16:00

スクール費用

入会費 1500円
年会費 小学生 ・幼児 7000円 ※後期 11 月以降:残りの月×1000 円

月謝

小学生

週1回

5500円

フリー

6500円

幼児

週1回 4500円
フリー 5500円

お問い合わせ・サッカー体験希望

お問い合わせはこちらから