障がい児スポーツ支援

障がい児スポーツ支援の方針

スポーツ支援活動のみならず、挨拶・礼儀・遊び心を大切にし、子供達がいきいきと活動できるスポーツクラブを目指します。また、人間形成に重要であるスポーツを通して、子供達の自立心・協調性・創造性の育成を目的とします。 指導者とのコミュニケーションを密にとり、無理のないカリキュラムを作成し、子供達の心情面も重視しながら元気に体力作りを実践していきます。

また、運動不足による子供達の体力の低下が問題となっています。そこで成長期にある子供達が身体を動かすことの楽しさや喜びを知ることで、逞しく成長出来るようサポートしていきます。

障がい者スポーツのこだわり

1.個々の育成・個性の尊重を重視する

何事も「できた」=「自信」に繋がります。1年間を通して子ども達のムリの無いよう「楽しい」プログラム構成を行っています。コーディネーションスクール同様、1つの運動のみならず様々な動き作りを取り入れ、1人1人の「得意」を発見してしていく。また、子ども達のチャレンジ精神向上のためスポーツ大会や発表会に参加します。また定期的に自然の中で身体を動かす野外活動にも積極的に参加します。

2.コーディネーショントレーニングを使った効果

一般に、スポーツ選手について「あの選手は身のこなしがよく、運動神経が優れている」とか、「状況判断がいい」「ボールさばきがうまい」といった表現をします。子どもたちの動きに目をやると、バランスをとるのがうまい子や、リズムに合わせてからだを動かすことが得意な子がいます。このような人たちの動きに隠されているのが「コーディネーション能力」であり、この能力を高めようとするのが、「コーディネーション トレーニング」です。コーディネーション能力とは、状況を目や耳など五感で察知し、それを頭で判断し、具体的に筋肉を動かすといった一連の過程をスムースに行う能力をいいます。専門的な技術を覚えるにあたっての、前提条件ともいうべき動きづくりと深く関わりあっています。第一線で活躍する競技者には、もともとこのコーディネーション能力の高い人の大半は、子どものころに人一倍さまざまな遊びを体験していることが指摘されています。

3.一緒に成長する

専門知識を持った指導員が年間プログラムを無理のないよう、ひとりひとりサポートしていきます。また保護者様とのカウンセリングも入念に行っていきます。

日々一緒に過ごす家族の方とともに、まずは我が子のありのまま受け止め、正しく理解していくために、今後どうしたらいいか!?今何をしたらいいのか!?を考えていきましょう。
生活していくための必要なこと、社会のルールや集団行動を少しずつ習得していきます。焦らず、ゆっくりと「得意なこと」をたくさん伸ばしてあげましょう。

場所・時間

曜日 時間 場所
月曜 17:00-18:00
18:00-19:00
19:00-20:00
東町コミュニティセンター
火曜 16:10-17:00
17:10-18:00
18:10-19:00
須屋市民センター2F
木曜 15:10-16:00
16:10-17:00
17:10-18:00
本荘市民センター

スクール費用

入会費 1,500円  
年会費 6,000円(4-11月) 11月以降 残りの月×1000円
月謝 3700円  

無料体験スクール随時実施中!!

お問い合わせはこちらから